崎門学研究会主催「頼山陽『日本外史』を読む」スタート!

崎門学研究会主催「頼山陽『日本外史』を読む」(オンライン)がスタート!
『日本外史』は浅見絅斎 『靖献遺言』と並び幕末の志士のバイブルと呼ばれた書物。日本人の必読書です。木村岳雄先生の解説で輪読します。
頼山陽『日本外史』上

■令和3年3月18日(木)午後8~9時(初回)
Zoomで参加できます。参加を希望される方は事前にご連絡ください。
以降、毎週木曜日午後8~9時。
■連絡先:090-1847-1627 orimoto1@gmail.com
■講師:木村岳雄先生
■テキスト:岩波文庫版、上中下

カテゴリー: 未分類 パーマリンク