第三回『保建大記』を読む会のお知らせ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第二回、栗山潜鋒『保建大記』を読む会のお知らせ


『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一~一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこの度弊会では本書(『保建大記』)の読書会を開催致します。詳細は次の通りです。

○日時 平成二十九年二月二十五日(土曜日)午後二時半開始
○場所 弊会事務所(〒二七九の〇〇〇一千葉県浦安市当代島一の三の二九アイエムビル五階)
○連絡先 〇九〇(一八四七)一六二七
○使用するテキスト 『保建大記打聞編注』(杉崎仁編注、平成二一年、勉誠出版)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

『崎門学報』第九号を発行

崎門学報第九号表紙『崎門学報』第九号を発行致しました。ご高覧下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

栗山潜鋒『保建大記』を読む会のお知らせ

『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一~一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこの度弊会では本書(『保建大記』)の読書会を開催致します。詳細は次の通りです。

○日時 平成二十九年一月二十八日(土曜日)
○場所 弊会事務所(〒二七九の〇〇〇一千葉県浦安市当代島一の三の二九アイエムビル五階)
○連絡先 〇九〇(一八四七)一六二七
○使用するテキスト 『保建大記打聞編注』(杉崎仁編注、平成二一年、勉誠出版)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

当会顧問、坪内隆彦氏の新著『GHQが恐れた崎門学』(展転社)が刊行!

%e3%80%8eghq%e3%81%8c%e6%81%90%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%b4%8e%e9%96%80%e5%ad%a6%e3%80%8f%e8%a1%a8%e7%b4%99当会顧問の坪内隆彦氏による待望の新著が刊行される。その名も『GHQが恐れた崎門学(きもんがく)―明治維新を導いた國體思想とは何か』(展転社)である。

著者はこれまで『アジア英雄伝』や『維新と興亜に駆けた日本人』(何れも展転社)などの著作を出されているが、本作は、幕末の志士たちに影響を与えた五冊の書として、浅見絅齋の『靖献遺言』、栗林潜鋒の『保建大記』、山県大弐の『柳子新論』、蒲生君平の『山陵志』、頼山陽の『日本外史』を取り上げ、それぞれの史的背景や根底思想について論じている。

なかでも本作の特徴は、上述した五冊の書を、江戸前期の儒者・神道家である山崎闇齋の創始した崎門学の系譜のなかに位置づけ論じていることである。崎門学は、我が国の皇室を中心とした君臣父子の大義名分を説き、後に伊勢・吉田神道の流れを汲む垂加神道と合一して、幕末における尊皇攘夷運動に多大な影響を与えたとされる。

僭越ながら筆者(折本)も、著者とこの崎門学を共に研究し、ご指導頂いている間柄から、本作ではその巻末において「今何故、崎門学なのか」と題する拙文を掲載して頂いた。

来年、明治維新から百五十年を迎えることから、巷間では明治維新の史的意義を顕彰する動きが出始めている反面、これに楔を打つかのように、幕末維新の歴史を、単なる利害衝突や権力闘争の歴史として切り捨てるような言説も流布している。そこで著者は本作の「補論」において一節を割き、歴史を高みから批評するのでなく、崇高な大義を掲げて歴史を切り開いた先哲を謙虚に仰ぎ見る姿勢の重要性を強調している(「原田伊織『明治維新という誤り』批判序説」)。

崎門学を学ぶ同志の一人として、本作が、閉塞感にあえぐ現代の若者にとって思想的な発火材になることを期待するものである。

(崎門学研究会代表・折本龍則)

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする