第十九回『保建大記』を読む会のお知らせ

『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一~一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこの度弊会では本書(『保建大記』)の読書会を開催致します。詳細は次の通りです。

なお、次回は、通常における浦安での開催と異なり、同日午後二時より開催予定の「染井霊園・龍光寺を巡り日本思想を考える」ツアーの前に、会場に近い巣鴨で開催致しますのでご注意ください。
○日時 平成三十年十月二十一日(日曜日)午前十時開始
○場所 喫茶ルノアール巣鴨駅前店 [1号室]

〒1700002 東京都豊島区巣鴨1-15-1 宮田ビル2F
電話番号 03-3942-9349

○使用するテキスト 『保建大記打聞編注』(杉崎仁編注、平成二一年、勉誠出版

カテゴリー: 未分類 | コメントする

『龍光寺・染井霊園を巡り日本思想を考える』ツアー

チラシver3龍光寺・染井霊園を巡り日本思想を考える
平成30年10月21日(日)
集合時間:14時(18時解散予定)
集合場所:龍光寺(東京都文京区本駒込1-5-22)
参  加  費:1000円(資料代として。交通費等自己負担)
龍光寺に眠る魂
山崎闇斎を祖とする崎門学派の鵜飼錬齋、三宅観瀾、栗山潜鋒
■染井霊園に眠る魂
陸羯南(くが・かつなん)
[1857~1907]新聞人・評論家。青森の生まれ。本名、中田実。新聞「日本」を創刊し、日本主義・国民主義の立場から政治批判を展開。著『近時政論考』『原政及国際論』など。
岡倉天心(おかくら・てんしん)
[1863~1913]美術評論家・思想家。横浜の生まれ。本名、覚三。フェノロサに師事。東京美術学校開設に尽力し、のち校長となる。日本美術院を創立し、明治日本画家の指導者として活躍。著「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」など。
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
[1898~1983] 国家主義者。大阪生まれ。1924年(大正13)行地社を結成、27年(昭和2)金鶏学院を創立、新官僚に影響を与える。国粋主義団体国維会に参加。第二次大戦後も政財官界首脳に信奉者がいた。
主催:崎門学研究会・大アジア研究会(orimoto1@gmail.com、090-1847-1627)
カテゴリー: 未分類 | コメントする

『崎門学報』第十三号を発行

崎門学報号十三号表紙『崎門学報』第十三号を発行しました。ご高覧下さい。

本号目次

一面 『保建大記』現代語訳(其の二)(折本龍則)

十一面 「王命に依って催される事」ー尾張藩の尊皇思想(坪内隆彦)

十四面 維新の源流を繙く②(山本直人)

十七面 平泉澄の歴史観(小野耕資)

十九面 『若林強斎先生大学講義』を拝読して④(三浦夏南)

二十面 活動報告

二十三面 種子法要望書

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第十八回『保建大記』を読む会のお知らせ

『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一~一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこの度弊会では本書(『保建大記』)の読書会を開催致します。詳細は次の通りです。
○日時 平成三十年九月一日(土曜日)午後二時開始
○場所 弊会事務所(〒二七九の〇〇〇一千葉県浦安市当代島一の三の二九アイエムビル五階)
○連絡先 〇四七(三五二)一〇〇七
○使用するテキスト 『保建大記打聞編注』(杉崎仁編注、平成二一年、勉誠出版

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第十七回『保建大記』を読む会のお知らせ

『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一~一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこの度弊会では本書(『保建大記』)の読書会を開催致します。詳細は次の通りです。
○日時 平成三十年七月一日(日曜日)午後二時開始
○場所 弊会事務所(〒二七九の〇〇〇一千葉県浦安市当代島一の三の二九アイエムビル五階)
○連絡先 〇四七(三五二)一〇〇七
○使用するテキスト 『保建大記打聞編注』(杉崎仁編注、平成二一年、勉誠出版)

カテゴリー: 未分類 | コメントする