若林強斎先生

苦学力行の人

若林強斎先生

若林強斎先生

山崎闇斎によって創始せられた崎門学は、弟子の浅見絅斎によって継承されましたが、絅斎は厳格な朱子学の教理を重んじ、闇斎の神道的側面、すなわち垂加神道の蘊奥には到達されませんでした。そうしたなかにあって、絅斎を直接の師に仰ぎながら、闇斎の神道説を継承して崎門学を確立し、これを弟子たちに相伝した人物が若林強斎であります。

強斎は、延宝七年(1679年)、京都で医業を営む父、正印の長男として生まれました。近藤啓吾先生は『若林家譜』をもとに、強斎の家系について、次のように述べておられます。

「『家譜』によれば、強斎の祖父浄本は、近江大藪の北村道運の次女絲を妻として北村氏を襲ぎ、同氏がもと武田信玄の家臣であったので、一家を再興して先祖の令名を顕せとその子正印に命じ、而して正印も、父の志を重んじてその子強斎に、これを期待したといふ。また『家譜』には、正印は初め医を業としてゐたが、後、眼を病んで失明したため、衣服を典売しなければならないほどの貧窮に陥ったが、少しもこれに動揺することなく、強斎姉弟の頭を撫でてその成長を娯しみ、且つ強斎に三種の大祓と奉幣の儀とを伝えしめたとある。然らば強斎が、生涯を通じて清貧であったにもかかはらず常に従容としてゐたこと、かつ士風を重んじ神道を尊んだことは、その家風に受けるところが極めて大きかったものといふことができよう。」(近藤啓吾『若林強斎の研究』神道史学会)

父正印が医業を営んでいたので、強斎は比較的豊かな幼少期を過ごしたようです。元禄十五年、強斎二十四歳のとき浅見絅斎の門に弟子入りし、爾後絅斎が長逝する正徳元年までおよそ十年間、従学しました。しかしその間、上述のように、父の正印が病臥に伏したのを機に、一家の経済は窮乏を極め、強斎は大津で父の看病を余儀なくされます。それでも彼は困難に屈せず、隔日に三里の道を京都に通い続け、絅斎への師事を怠りませんでした。

こうした強斎の態度は、彼の弟子である山口春水の筆録になる『雑話筆記』によると、京都における朝の講釈に出席するために大津を未明に出発し、夏には衣服と袴を刀の先にくくり付けて襦袢一枚で通い、また同門の近藤玄悦などには、もし大津街道に行き倒れた者があれば、必ずそいつは自分の事であると冗談を言ったほど、苛烈なものでした。「強斎」の号は、彼の苦学を知りながら、敢えて教えの手を緩めなかった師の絅斎が、強斎の強靭な意志を深く嘉して彼に与えたものです。

望楠軒の創設

崎門学者系図

崎門学者系図

正徳元年に絅斎が没すると、京都の錦小路にあった彼の学堂(所在地に由来して錦陌講堂と呼ばれた)は、甥の勝太郎(兄道哲の子、号持斎)に委ねられました。強斎は予てよりその後見を遺嘱されておりましたが、不幸にも絅斎長逝の一年後、つまり正徳二年に勝太郎も二十歳の若さで長逝します。当時強斎は病床の身であり、他に絅斎の高弟であった大月履斎や山本復斎も京都を離れていたため、錦陌講堂は廃止のやむなきに至りました。

かくして一旦離散した門弟を結集し、荒廃した門流を再興すべく、強斎は病が全快した正徳三年、御所の真南に位置する堺町に一軒の家屋を購入し、そこに自らの学堂を開きます。この学堂は後に「望楠軒」と命名され、強斎亡き後も幕末に至るまで、崎門講習の本山とされました。

ちなみに望楠軒の名は、ある日、強斎がその門人である山口春水から楠木正成の言葉に「かりそめにも君を怨み奉るの心起こらば、天照大神の名をば唱ふべし」というのがあるのを聞いて深く感動したのに由来し、これについては春水が記した『雑話続録』にも、「書斎を望楠と号したり。我国士臣の目当は、彼の楠氏の一語の他、是なき事也。平生拙者身の守りにもと思うにつき、楠氏を仰ぎ望むの合点にて、書斎を望楠と号けし也」(原文カタカナ)という強斎の弁が収められております。上の引用にあるように、最初望楠軒は、強斎の書斎の名称でありましたが、やがて広く彼の学堂全体を指すようになりました。

強斎が師弟を教導する態度は、懇切に徹し、望楠軒の学統は、山口春水や西依成斎、沢田一斎等の門弟を通じて後代に引き継がれました。また強斎晩年の門人となった竹内式部が首謀した宝暦事件は、討幕運動の先駆的企図とされ、崎門が政治化する端緒を開きました。

望楠軒における強斎師弟の風格を物語る資料に、強斎自らが撰した『祭廣木忠信文(廣木忠信を祭る文)』があります。廣木忠信は、もともと絅斎門下、つまり強斎と同門でありましたが、強斎が望楠軒を創設してからは、彼の最初の門人となり、以来起居苦楽を共にし、師弟とはいえ互いに切磋琢磨した人物です。よって強斎の忠信に対する信頼は殊に厚かったのでありますが、享保十五年に母の介護のため帰省中の美濃で急逝しました。上記の祭文は、忠信の訃報を耳にした強斎が、生前の彼を偲び、霊前に奉告したものです。以下に一説を引用致しましょう。

「賢、何ぞにわかに余を捐てて逝ける。ああ哀しいかな。昔は賢、絅斎先生の門に学ぶ。未だいくばくならざるに、先生簀を易へたまふ。則ち又鄙とせずして来りて余に就いて学べり。ともに寝席を同じうし、互いに薪水を執ること、ほとんど九年なり。夏も扇がず、冬も炉に近づかず、艱難窮乏、日を合せて食ふこと時にこれ有り。賢、少しも屈せず、ます〱勉め、ます〱励む。而して余もまた依れり。雪の朝、月の夕、相ともに茶を瀹(に)、酒を暖め、経を議し義を論じ、今を悲しみ古を慕い、憤歎慷慨、心肺傾けつくし、相責むるに死生を以てせり。」

忠と孝の狭間で

『自首』

『自首』

「今を悲しみ古を慕ふ」といった強斎の心事について、近藤先生は「眼にする御所の今日の寂寞を、嘗て天皇みづから政を執られし古の御世を懐しみ、慕ふのである」と推察しておられます(近藤啓吾『若林強斎』拾穂書屋蔵版、平成23年)。たしかに、これは『雑話筆記』のなかで、強斎が「本願寺ノ勢ホドニモナキ王室」の衰微を危惧していること、また門下の梅津大蔵がよこした問目の第一に「何時ノ世ニ致シテモ、譬ヘバ甲斐ノ武田信玄ノ如クニ、諸国ノ大名面々ニナリテ、人倫乱レ、君モ無キ如クニ罷リ成リ候場ニテ、有志ノ国主処シ様如何致シ候ガ、義ニ合ヒ申ス可ク候乎」とあるのに対して「此の時、王室衰弱、諸侯強盛にして、天下に君なきがごとしと雖ども、しかも皇統綿延として絶えざれば、則ち君臣の義、上下の分は、初めより強弱盛衰を以て変ずべからず。天下は王の天下なり。万姓は王の臣民なり」云々、と答えているのにも明らかであります。

梅津が強斎に問目を送ったのが正徳5年(1715年)。幕府盤石のこの時代に、天下の正統を論じ、武家の専横と皇室の衰退を嘆く強斎の態度は、まことに驚くべきものがありますが、この態度があったからこそ、彼はあくまでも幕府や諸藩への仕官を拒み、天子のまします京都で貧困に耐えながら学問の研鑽に励んだのであります。

しかしその一方で、強斎の仕官は、前述したように、一家の再興を彼に託した父正印の念願でもありました。まさに「忠ならんとすれば孝ならず、孝ならんとすれば忠ならず」といった葛藤に苦しんだ強斎は、病気で失明した父に仕官したといって嘘をつきます。それでも、無論収入はないのですから、満足に病床の父を看病することも叶わず、正印は宝永7年、強斎三十二歳のときに亡くなりました。このことは、強斎にとって生涯の悔恨となったようで、彼は死の直前(享保17年)に書いた『自首』において、文字通り自らの罪を神前に自首しております。短いので以下に全文を掲げます。

自首

不孝第一之子若林自牧進居、亡父ニ事ヘ奉養不届之至、懺悔無身所措候(身を措く所無く候)。然ル身ヲ以、先生ノ号ヲ汚スコト、何ンノ面目ゾヤ。明日 亡父忌日タルニ因て、自今日(今日より)先生ノ偽号ヲ脱シ候。何レモ必不孝之□(刑)人ト卑シク御アイシラヒ被成可候下候(成られ下さるべく候)。巳上享保十七年壬子正月八日丙寅

過廬陵文山

つまり、不孝第一の子である自分は先生などと呼ばれる資格はないと卑下しているのです。文末の「過廬陵文山(廬陵を過ぐるの文山)」とは、文山こと文天祥が、敵軍による北送の途中で故郷廬陵を通り過ぎた故事を表わしており、強斎はその時の文天祥の心境と自らのそれを重ね合わせたのでした。

神道大意

「八百万の神の下座に連なり、君上を護り奉る」

「八百万の神の下座に連なり、君上を護り奉る」

強斎が父に懺悔したのにはもう一つ別の理由があります。というのも、彼には北川氏から迎えた妻との間に一男四女がありましたが、男子は生後百日にして夭折し、本来であれば養子を迎えるべきところ、二父に仕えるを功利の所業として養子を忌む崎門の慣習から、結局養子を入れなかったため、若林家は血筋が絶えました。強斎の筆になり、近江の西依家に伝わる『譲証文』には、「島津若林共に血脈絶候我等心底可被察候(我等の心底を察せらるべく候)せめて、その名字なりともけかし失わぬ様に頼事に候」とあります(前掲『若林強斎の研究』)。島津氏は強斎の叔母が嫁いだ親戚です。ここにも、忠孝の道を説きながら、忠のために孝を尽し得なかった彼の深い苦悩と悲哀が伺えるのであります。

ところで、強斎が師の絅斎を超克し、闇斎の垂加神道を大成する上での思想的転機となったのは、享保九年(1724年)頃、彼が門人の山口春水を介して、闇斎の弟子である山本主馬に邂逅し、垂加神道の諸書を書写して、その奥義を伝授されたことにあるといわれます。これは、ちょうどそのころから翌享保十年にかけて、彼が近江高宮の多賀霊社に詣でて、同社に「垂加霊社」を勧請していること、来訪した主馬より闇斎の『風水草』の字を採って「守中」の霊号を授けられていること、などの事実とも符合します。また強斎が、山口春水から聞いた楠公の言葉(「仮りにも君を怨み奉るの心発らば、天照大神の名をば唱ふべし」)に感動し、自らの書斎を「望楠軒」と名付けたのも同じころであります。

こうした契機による思想的転回の結果は、彼が同年、すなわち享保十年に多賀霊社で行った『神道大意』の講義に結実しており、それは同時に強斎晩年の思想的境地を表わすものでもあります。以下に一説を引用致しましょう。

志ヲ立ルモ、此形ハ気ノツヾクホドツヾイテクチハツルコトジヤガ、ソレハ形アルモノハ始ガアレバ終ガアルハヅハ知レタコト。アノ天神ヨリ下サレタ面々ノコノミタマハ、死生存亡ノヘダテハナイユヘ、コノ大事ノモノヲ、即今忠孝ノ身トナシテ君父ニソムキ奉ラヌ様ニ其身ナリニドコマデモ八百万神ノ下座ニツラナリ、君上ヲ護リ奉リ、国土ヲ鎮ムル神霊トナル様ニ、ト云ヨリ外、志ハナイゾ。ジヤニヨツテ、死生ノ間ニトンジヤクハナイ。ドコマデモ此天神ヨリタマハ ル幸魂・奇魂ヲモチクヅサヌ様ニ、ケガシキヅツケヌ様ニスルヨリナイ(『神道大系』近藤啓吾先生校注「垂加神道(下)」より引用、全文はこちらを参照)

思うにポイントは二つ、すなわち第一に、我々の心は天から賜った神の分霊であり、第二に、それは死して後、生命の根源である天照大神に回帰し、八百万神の下座に連なり、さらにはまた形あるものとして生まれ変わるというサイクルを通じて、祖孫を一貫して永久に絶えざるものであるという自覚であります。これはまさに闇斎が説き、絅斎が終に解し得なかった「心神」の思想と相通ずるものです。