拘幽操師説(浅見絅斎講義、若林強斎筆記)

「拘幽操」ハ、唐の韓退之ノ 作也。韓退之ハ、唐ナラシテ第一番ノ文者デ、「韓文」ト云テ、一家ノ文集ガアル。余程アルモノ。其中ニ、此「拘幽操」モアル。惣テ古カラ文者ト云モノハ、 先詞章ヲ専一ノ務トシテ、義理ヲ知ラズニ書モノジャガ、韓退之ニ於テハ、世ノツネノ文者トチガウテ、義理ヲ知テカカレタ。深ク道ノ大本ヲ識得ラレタトハ云 ヘネドモ、孟子以来、見ル処アル人ハ、董仲舒ト此人トヲ指スコトデ、尋常ノ文章家トアシラウコトデナイ。故ニ程子モ、韓退之ニ於テハ、常体ノ文者ノ様ニ容 易ニモ見ナト仰ラレ、朱子モ「韓文」ノ為ニ「考異」ヲナサレタ程ノコト。何故ナラバ、此様ナ作有テ、文王ノ文王タル処、至徳ノ肝心ヲ云イヌカレタニ依テノ コト。「楚辞」ナドニモ、此文ガノセテ有レドモ、程朱以来、是デ文王至徳ノ所ガ見ヘルト云ヲ識人ハモトヨリノコト、名ヲ聞タ人モ希ナコトデ、常ノ文章ナミ ニ心得テ居タ。ソレヲ山崎先生ニ至リ、此文ヲ表章ナサレ、程朱ノ説ヲ後ニ附シテ凡学者読論語(凡ソ学者論語ヲ読ム)モノ、至徳ト云ノ実ヲ知ラシメテ、忠孝 ノ目当トナセリ。

古カラ君ニ仕ルモノガ、常ノ場デハ忠ナヨウニミユレドモ、ソレハ君ノアシライガ結構ナリ、太平無事ナ時ハ、皆サウアルモノ、或ハ何トゾ云場ニノゾンデ、君ノ為ニ身命ヲ捨テモスルケナゲナ者モナイデハナケレドモ、大ムネ名デスルカ、利デスルカ、又ハ一旦ノ感 激デスルカ、根ヲサラヘテ見タトキハ、真実君ガイトヲシフテ、忍ビラレヌト云至誠惻怛ノ本心ヲ尽ス本法ノ忠トハイヘヌ。何トゾ気ニ入タイ、何トゾ立身ガシ タイ、加増ガ取タイト云様ナキタナイ心入レデ、御髭ノ塵ヲ取モノヤ、マサカノ場ニカイフツテ逃ルモノハノケテヲイテ、随分忠義々々ト云フ合点デモ、畢竟君 ガ愛シイト云本心ヨリ出ネバ、少シ君ノアシライガワルフナルカ、或ハ讒ニ逢カ、何ゾ我ガ意ニチガフタコトガアルト、ハヤイツノ間ニカ、御恩ガ有難イノ、身 命ヲ献ラフノト思フタ心ハ、ドコヘカヤリテ、サリトテハキコヘヌコトヂヤ、主ニハ勝レヌニヨツテヂヤガ、アアシヤル筈デハナイ、主君ナレバコソ、ダマリテ 居レト云ヤウニ、君ヲ怨ル心ガ出来ル。此怨ル一念ノ、主君ナレバコソト思フ心ガ、スグニ君ヲ弑スル心、敵ニ与スル心、古カラ乱臣賊子ノ君ヲ弑スルノ、父ヲ 弑スルノト云モ、此ワヅカナコトヲ怨ル一念ノ、積リ積リテノコトデ、一朝一夕ノ際ニ、フツトキザスモノデハナイ。スレバ何ホド結構ナ奉公ブリデモ、働ガ有 テモ、真味真実、君ガイトシフテナラヌト云至誠惻怛ノツキヌケタデナケレバ、忠デナイ。

忠ハ中心トモ書キ、ドコマデモ、君ガ大切デナラヌト云本心ノヤムニヤマレヌ意味カラノコトゾ。爰ヲ目当トセネバ、一人扶持トルモノモ、ドウモ奉公ハナラ ズ、何ドキ長田ニナラウヤウ、明智ニ成フヤラ知レヌゾ。ソレユヘ常人ヨリイヘバ、コレヲ目アテトシテ、若シ一念君父ヲ怨ム心ガキザサバ、ヤレ、コレガスグ ニ君父ヲ弑スルノ心ヂヤハト、イタクコラシ、イマシメテ、此意念ノ根ヲ抜キ、源ヲ塞ヒデ、君父ガ大切デ止レズ、真実愛シウテナラズ、イカ様ナコトイモ、ウ ツシカヘラレヌ迄ノ本心ヲ得ル迄ガ、此「拘幽操」ノ吟味ゾ。拘ハ、カカヘルトモ、トラヘルトモ訓ズ。トラヘテ牢ヘ入ルコト。幽ハ、幽闇トテ、人跡ノ絶ハテ タ、鳥ノ声モセヌ様ナ処ノコト。ソコニ文王ヲトラヘテヲイタゾ。文王ハ殷ノ紂ガ代ニハ、西伯ト云テ、西国大名ノ頭デ有タ。紂王ガ悪虐甚ニシテ、天下万民ウ トミハテテ、其亡ンコトヲ欲ス。文王ハ聖徳有テ、仁政ヲ行セラレテ、天下コレニ帰服スレドモ、ソムケル諸侯ヲヒキイテ、殷ニ服事ナサレテ、文王デカカヘタ ル殷紂ガ代ゾ。然ルニ崇候虎ガ讒ヲ用テ、西伯ノ参勤ナサレタトキ、何ノワケモナシニトラヘテ、羑里(ゆうり)ヘ押コメタ。西伯ハヌシノ身ニ少モヲボエノナ イコトジヤニヨツテ、常ノ者ナラバ、ココデハ何カト云ワケモセウズ、本ヨリ大キニ怨ルデ有フガ、西伯ニヲイテハ、少シモ讒者ノ故ジヤト云ヤフナ心ナク、微 塵モ君ノシカタヲムタイナド云気モツカズ、タダ火ノ常ニ熱ク、水ノ常ニ寒カニ、梅ノ常ニ酸キ様ニ、君ヲ大切ニ思召ス惓繾惻怛ノ心ヨリ外ニ、ミヂンモ他念ア ラバコソ。我身ニ罪コソアラフズ、罪アレバコソ、コウナサルレ。マタ君ノメグミ故ニ、カウヂヤト思召スヨリ外ナイ。ココガ文王ノ至徳ト云処ニテ、臣子ノ本 心ゾ。

「論語」ニ至徳ト云コト二ツ出ズ、一ハ太伯、一ハ文王ゾ。皆君臣ノ義ニアヅカルコトデ、至徳タルノ実ハ、君臣父子ノ際ヲハナレテ、外ナキヲ知ルベクシテ、 臣子タルモノノ身トシテ、君父ノイトヲシク、ドウモハナレラレヌ味ガ、火ノモヘタガリ、水ノヌレタガルヤウニ、止ニ止レヌ情ガ、桀紂ニモセヨ、誰ニモセ ヨ、讒ヲ用ルニモセヨ、ドチヘドフシテモ、只イトヲシイヨリ外ナイ。天命ニシタガヒ、人心ニ応ズルト云様ナコトガ、イマ〳〵シフテ、ドウモナラレヌ処ガ至 徳ニテ、身カラハヘヌイテ、雁ハ虫ニナツテモ北ヱユクト云様ニ、余義モ余念モ無キヲ、至徳ト云。其至徳ト云ノ余事マゼズニ、ハダカニシテ見セタハ、此文章 ゾ。操ハ、琴操ト云テ、琴ニ調ヘ合セテウタフ歌ノセウガ、歌ノ一体デ、ヤハリ歌ト云ト一ツヂヤ。ソレヲ操ト云ハ、操ハミサホトモ、トルトモ訓ム。罪デモ有 テ君ニ棄ラルヽハ、其筈ジャガ、罪モ無シ、讒ニ逢テステラルヽ様ナ時ハ、扨モ聞ヘヌコトジャト云様ニ成ラネバヲカヌ。ソノ様ナ時デモ、微塵君ヲ怨ル心無 ク、「我ヲ思フ人ヲ思ハヌ報ニヤ我思フ人ノ我ヲ思ワヌ」ト云タ様ニ、真実君ヲ大切ニ思フ惓繾惻怛ノ心ノ、止ニヤマレズ、忘ルヽニ忍ビヌ情カラ諷フ歌ヲ、操 ト云。ソレデ常ノ歌ヨリハ、殊ニスグレテ、感慨アルゾ。覆霜操ノ、箕子操ノト云類モ同コトナリ。

文王羑里ノ作
文王ハ、武王ノ天下ヲタモタレテ後ノ諡ニシテ、此時ハ西伯ト云タゾ。羑里ハ、殷ノ代ノ獄屋ノ名ナリ。都カラ遥ニ程隔リテ、人モ通ハズ、鳥ノ声モ セヌ様ナ所ゾ。此操ハ文王ノ作ラセラレタト云デハナイガ、韓退之ノ文王ノ至徳ノ処ヲ知リヌイテ書レタ。ソレデ文王ノ文王タル真味ユヘ、文王ノ作ト云テモ、 是ヨリ外ハ無イ。

目窅々(ヨウヨウ)タリ云云
是カラ羑里デノ艱難ヲノベタモノゾ。窅々ハ、目ノヲチ入テ、クボミテ、見ヘヌコト。羑里ノ獄屋ノ月日ノ光モナク、アヤメモワカヌユヘ、目モ落チ 入クボミハテヽ、其凝(コル)ト云ハ、水ノコホリタ様ニ、目ノコリカタマリテ、動コト無キヲ云。アヤメヲ見テコソ、目ノ働コトモアルガ、アヤメヲモワカタ ネバ、コリカタマリテ、目シイタルゾ。

耳粛粛タリ云々
粛粛ハ、秋ノ気色ノモノサビシイ様ナコトニモ云。森々トシテ、サヲトナイ貌ゾ。目ニアヤメハミエズトモ、セメテ耳ニ音信(オトズレ)ル声ハ聞ヘサフナ物ジヤガ、誰訪フ者モ無ク、ヅンド音ナイスル人モナイ。

朝、日出デズ云云
朝デコソアラウガ、日ガ出ヌ。夜デコソアラウガ、月星ノ光ガ見ヘヌゾ。

知ルコト有リヤ、知ルコト無シヤ云々
ソモコレハ、知ル有カ、知ルナイカ、死ダト云ヲフカ、生キテイルト云ヲフカ、困苦惨痛、是ヨリ上ニ云ヲフ様ナイ処ニ至テモ、ヤツパリ紂王ガ愛シ ウテナラヌ御心ヨリ外ナイ。怨ミヌ筈ジヤノ、ドウジヤノト云コトハナイ。竹ノ子ノドフフミニジツテモ、ハヘタガルヨリ外ナク、火ヲドウタヽキケシテモ、モ ヘタガルヨリ外ナイクゾ。常人ハ是マデ詰メテ見ルニモ不及、僅ニキコエヌト云ト、モウウラム。怨ミヲアラワスカ、アラワサヌカノ不同コソアレ、ヤハリ長田 トナリ、明智トナルタバネハフクンデアル。扨々ヲソルベキコトゾ。文王ハ、是マデツメニツメテモ、雁ハ虫ニ成リテモ北へユクヨリ外ナキ如ク、唯紂王ノイト シフテナラヌ心ハ、コウナレバ、成程イヤマシナ。ソレカラ下ノ詞ノ嗚呼云々ト出タモノゾ。

嗚呼、臣が罪、誅ニ当リヌ云云
此一句ガ、「拘幽操」ノ拘幽操タル所、至徳ノ真味真実ヲ知ル処ゾ。嗚呼ト云詞ガ真味カラ出ル語意ニテ、微塵意ヲツケ、タシナムコトデナイ。前ノ 辛苦ノ至リカラ、嗚呼ト出ル処、キワメテ肝心正味ノ処ゾ。嗚呼吾ハ御成敗道具ジヤ、アナタハ聖明ノ君ジヤモノト、底心タヽイテ思召ヨリ外ナイ。爰ニ微塵ア ナタニ非ガミユル、モハヤ君臣ノ根ハキレタゾ。アナタハ、ドウアラウガ、コウアラウガ、愛シク大切ナ心ハ、フルヽナリニ、イヤマシナ、伯兪ガ母ニタヽカ ルヽ杖トトモニイトフシイモ、マヅコウシタ心ゾ。親ノ子ヲ愛スルニ、ヨケレバヨイニツケテ、愈々カワユシ、アシケレバアシイニツケテ、イヨ〱カワユイモ、 親子一体ノ、ハヘヌキユヘゾ。殷紂ガコトハ、誰知ラヌ者モナイ暴虐ノ天子、ソレヲ文王聖明トアリ。文王ハ却テ臣罪当誅トアルハ、カイトツテ、スマヌコトノ 様ナガ、文王ノ心ヨリミレバ、親子一体ハヘヌキノ、イトヲシイ心ヨリ外ナイ如クユヘ、是ジヤノ、非ジヤノト、クラベルコトハナイ。唯フルヽナリニ、ドチヘ ドウシテモ、イトヲシイ、其心カラ、我事ヘヤウガアシケレバコソカウアレ、アナタニハ聖明ジヤ者ヲト、思召スヨリ外ナイゾ。順天命応人心ノ、権道ジヤノト 云ガ、此心カラミレバ、イマ〱シフテドフモナラヌ。爰ガ文王至徳ノ処ニテ、武未尽善処、天下万世臣子ノ目当、是ヨリ外ナイ。爰ガアカネバ、一人扶持トルコ トモナラヌ。ヲゾマシイ処ガアルゾ。可懼々々。

程子曰云云
拘幽操デ至徳ト云フノ真実ノ吟味ガ尽キルト云フコトガ、此ノ説デアイタゾ。

問君臣父子云々
天倫ハ天命自然ノツイデノコト、コチカラコシラヘタコトデハナイ、固有本然ゾ。大ムネ父子ハ骨肉一体ノ情ヲ得テ、自ラ離レラレヌ様ナガ、君臣モ天倫カラハ 父子一体ノ様ニ、大切ニ思ウテヤムニ忍ビヌ様ニアルハズナレドモ、君臣ト云フト他人ト他人トノツナギ合セノ様ニ思ヒ、ドウシテモ情ガウスウテ何ト云フコト ナウヨソ外ニナリ、親ヲ大切ニ思フ様ニ真実君ヲイトヲシミテドウモ忍ビラレズ忘レラレヌト云フ様ニナイ、是ハドウゾ。曰離畔云云、庶民ハナミナミノ者ノコ ト、ハナレソムクト云フハ、世間ナミナミノ者ノコト。ソレハ父子デモソレ、君臣デモソレ、何デモ皆ソレ。賢人君子ハ君臣父子一体ニ大切デ、ヤムニヤマレヌ 本心ヲ得テ動カヌゾ。韓退之云々、文王ノ紂ガ無道ヲ知ラセラレヌデハナイガ、惟君ガイトヲシウテナラズ、忘ルルニ忍ビラレヌ心カラ、聖明ノ君ヂヤト仰セラ レタ。親ノ子ヲ思フ様ニ、何ホド子ニワルイコトガアツテモ、ソレヲ知ラヌデハナケレドモ、其ノワルイナリニイヨイヨカハユウテ忍ビラレヌト同ジコトゾ。直 是有説云云、有説ハトキヤウガアルト云フコト。転語ハ一転語トテ、意ノドウモスグニトケヌ処ヲカウ云フコトデトケルト、一ト転ジ転ジテ語ヲ下スコトヲ言 フ。ソコデ文王ノ心ガ説得出サルルゾ。看来云云、ヨウ合点シテ見ルニ、天下ニ不是底ノ君父ハナイ。不是ト思フハ、モハヤ君父ノ寝首ヲカク種ガ出来タゾ。恐 ロシイコトヂヤ。何デアレ、アナタヲ是非スルコトハナイ。我ヨリ尽シテユクヨリ外ナイゾ。アナタノワルイト云フハ、皆我ヨリスルモノガツキヌユエ、我ヨリ 尽シテユクニ、何シニアナタノアシカラウ様ナイカラハ、アナタニ不是ト云フコトハナイ。不是ト云フハ、臣子ノ口カラ言フニ忍ビヌコトヂヤノ、言フハズデナ イノト云フコトデハナイ。底心不是ト云フコトハナイゾ。聖人ハマヅカウ云フナリニ、父子君臣一体ノ心ナリ。常人ハソレヲ則トシテ、ヒタモノ怒ラルルニツケ 悦ビラルルニツケ、敬ヲ起シ孝ヲ起シテ不是ト見ル種ノノコラヌ様ニツトメテ、ドコマデモユクコトゾ。荘子云云、大戒ノ二字ガスマヌコトゾ。戒ハ総体泛ウサ ウセナ、カウセナト云フ様ニ戒メルコトヂヤガ、君臣父子ノ大倫ハ、天理自然ノ動カサウ様モカへ様モナイ本心ニ根ザシタコトヂヤニ、大戒ト云フトキハ、根ザ シタコトハナクテ、イマシメテ作リツケタモノ、其上無所逃於天地之間トイヘバ、ノガルル所アレバノガルル合点、逃レヌニ因ツテセウコトナシニヤムコトヲ得 ズシテスルニナルゾ。旧嘗云云、題跋ハ跋ノコト。一文字ハ宋君忠嘉ガ集ノコト。見文集荘子ガ言分ノ通リナレバ、君臣ノ義ハ、ドウモセウ様ガナサニ、義理ニ ツマリテスルコトニナル。ソレハ君ヲ無スルト云フモノ。此レハ是レト云フハ君臣ノ義、父子之親ノコト、自然有底道理ト云フハ、固有ハエヌキノコト。

礼曰、天先乎地云云、
上下尊卑、ソレゾレニ名分ガ立ツテ、万古動カヌモノ、天地ト位ト同ジコトデ、何デアレ君ハ臣ヲスベテ引キマハシ、臣ハドコマデモ君ニ従ウテ二ツナラヌガ、 各々当然ノ道理ゾ。坤之六二云々、六二ハ臣ノ位ヲ言ウテ、敬ハドコマデモ君ニ事ヘテ大切デハナレラレズ、アダオロソカニ存ゼラレズ、日月ヲ仰グ様二思フヨ リ外ナイコト。マヅコノナリニ文王ノ「為臣止於敬」デコレガ文王二限ツタコトデナイ、誰トテモ君臣ノ本然、山出シノハエヌキガカウヂヤ。其ナリノ全キガ文 王デ、万世君臣ノ目アテゾ。泰誓云々、天命ニモセヨ、何ニモセヨ、臣タル心ニドウモサウ云フコトハイマイマシウテ忍ビラレズンバ、何トセウ。ココノ未ノ字 ノハゲヌ処で、君臣ノ義トサヘイヘバ、太伯・文王・夷斎ヲ目アテトスルヨリツント外ナイゾ。ココガ孔子ヲマナブノ肝要ゾ。