崎門学研究会特別講座のご案内

崎門学研究会特別講座のご案内

崎門学研究会では山崎闇斎の高弟浅見絅斎の『靖献遺言』の輪読を進めておりますが、来る9月1日、国体思想の名著『中朝事実』を著した山鹿素行の思想を学ぶため、作家の拳骨拓史先生をお招きし、下記の通り特別講座を開催いたします。多くの御参加をお待ち申し上げております。


日時 令和元年9月1日(日)13時開演 15時45分終了
場所 乃木神社(東京都港区赤坂8丁目11番27号 千代田線乃木坂駅1番出口)
講師 拳骨拓史先生(作家)
演題 乃木大将と山鹿流~維新の原動力となる思想への影響を含めて~
連絡先 折本龍則(orimoto1@gmail.com、090-1847-1627)

山鹿素行
カテゴリー: 未分類 パーマリンク