『崎門学と『保建大記』―皇政復古の源流思想』(崎門学研究会)

このたび、拙著『崎門学と『保建大記』―皇政復古の源流思想』(崎門学研究会)を刊行いたしました。これまでの崎門学研究の成果です。明治維新の源流思想となった崎門学とその重要文献である『保建大記』、崎門学の人物伝について書きました。一般の書店には並びませんがamazonで購入が可能ですので、ご興味がおありの方は是非ともご一読下さい。折本龍則

カテゴリー: 未分類 パーマリンク