『崎門学報』第十四号を発行

崎門学報第14号表紙『崎門学報』第十四号を発行しました。ご高覧下さい。

本号目次

一面 近世勤皇運動の魁、竹内式部(折本龍則)

一四面 「王命に依って催される事」ー尾張藩の尊皇思想(中)(坪内隆彦)

一六面 維新の源流を繙く③テツオ・ナジタ著『明治維新の遺産』(山本直人)

一九面 天皇親政論(小野耕資)

二三面 『若林強斎先生大学講義』を拝読して⑤(三浦夏南)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク